ta-dadadadaのブログ

忘備録とポエム

macOS Sierra に Julia をインストールする

jupyter-notebook のモダンな環境で julia を触ってみたいと思い、 homebrew でのインストールや githubの手順 にあるコマンドラインからのビルドを試してみたが、 どうにもうまくいかなかったので、最終的にうまくいった方法をメモしておく。

  • 参考にさせてもらったもの

qiita.com

環境

macOS Sierra 10.12.6

手順

anaconda をインストールする

jupyter-notebook をなるべく楽に入れるならこいつ。 僕の場合は anaconda3-5.0.1pyenv でインストールした。

julia をインストールする

公式ページ から .dmg ファイルをダウンロードして起動。 Applecations に放り込んでおく。

リンクの作成

julia をコマンドラインから起動したいのでやっておく。 Julia-0.6.app の部分はダウンロードしたバージョンのやつに、シンボリックリンクの場所はお好みの所に。

ln -s /Applications/Julia-0.6.app/Contents/Resources/julia/bin/julia /bin

julia を起動して IJulia パッケージをインストール

ターミナルを起動して、 julia で julia が起動することを確認。 起動したら、julia のプロンプト内で次のコマンドを走らせ、 IJulia パッケージをインストール。

Pkg.add("IJulia")

jupyter-notebook を起動してみる

無事にインストールできたら、引き続き julia プロンプトから notebook を起動してみる。

using IJulia
notebook()

適当なブラウザで jupyter-notebook が開く。 New ボタンから作成できるノートブックに julia がある。

一度正常に作業が完了すれば、通常通り jupyter-notebook から起動しても julia が選べるようになっている。