読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t44or2’s blog

PC関係の忘備録、ときどき趣味とか

はてなブログはライフハック投げ売り市場なのか?

確か半年前くらいに開設したばかりのこのブログなのだけれど、案の定更新が完全にストップしていて、なぜなら僕がそんなに毎日インタネットライフハック集めにご執心の皆々様に提供できるほどの進捗を出すことなく生きているからで、つまり何が言いたいのかといえば、そういう面倒臭いことを考えるのをやめてポエマーになろう、ということ。

そんなわけでこうして書き始めたのも、仕事に疲れた気晴らしである。 気分としてはテスト前夜に部屋の片付けを始めるようなものだ。

いつの頃からか作業用BGMが本当にBGMでないと集中できなくなった。 そうなったのは半年くらいの話で、不意に「歌詞」のある音楽が受け付けなくなった。 これには毎日アニソンしか聞かない僕はたいへん困った。 何せ僕の音楽ライブラリは毎クールの深夜アニメOP・EDで埋め尽くされいて、探せども探せども気分にあったものが見つからない。

そんな時に、たまたまyoutubeのゲーム実況を見ていて、NCSというものを知った。 要するにコピーライトフリーの音楽なのだけれど、そんな革新的?なものが日本発のわけもなく当然欧米で生産された英語歌詞で、何が歌われているかは全くわからない。 それでも妙にノリが良くて、歌詞がわからないのも僕個人の需要からすれば好都合だったので、しばらくはそれを聞いていた。 ただ、いくら気に入ったと言ってもここ最近は少し飽きが来ていて、ネットをめぐってはちょうど良いものはないかと探す日々を送っている。

このところ(本当に、ここ数日の話)は椎名林檎をよく聞いている。 僕ももう一般的には立派な大人と言われる年齢なので、椎名林檎の存在はもちろん認知していたし、彼女の音楽を聴いたこと自体はある。 ただ、昔は気に入った何曲かだけをループして聴いていただけという感じで、アーティストとしての椎名林檎に特別の感情を抱いているわけではなかった。 それが、ちょうど何日か前の気まぐれで「無罪モラトリアム」を聴き始めてから、作業時間の全体の60%くらいの間リピートして聴いている。

僕が椎名林檎というアーティストの良さを理解できるようになったのは明らかに年をとったせいで、 それが大人になったということなのか、単に時間経過で僕の好みが変化しただけなのかは知れない。 僕個人の立場としては、物の良し悪しが区別できるようになった、という変化よりは、 昔は受け入れられなかった価値観が許容できるようになった、という方が好きだなあ、と思う。

それもまたアイカツだね。