読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t44or2’s blog

PC関係の忘備録、ときどき趣味とか

Mac miniをセットアップする その3 ~emacs,yatex,skim編~

前回↓の続き。 t44or2.hatenablog.com

やること

gnuplotとの兼ね合いでtexは入ったので、次はyatexを導入する。ついでに、skimでのプレビューが同期するようにする。

package-installを導入する

emacsで使うものはこれで入れるのが一番楽そうだったので、導入していく。 前提として、僕のemacsはver25なので、それ以外(以前?)のemacsでも同じ設定で動くかどうかはわかりません。

emacsのinit.elに以下を書き込んでおく。

;;package の取得先
(require 'package)
(add-to-list 'package-archives '("melpa" . "http://melpa.milkbox.net/packages/") t)
(add-to-list 'package-archives '("marmalade" . "http://marmalade-repo.org/packages/"))
(package-initialize)
(custom-set-variables
 ;; custom-set-variables was added by Custom.
 ;; If you edit it by hand, you could mess it up, so be careful.
 ;; Your init file should contain only one such instance.
 ;; If there is more than one, they won't work right.
 '(package-selected-packages (quote (yatex auto-complete auto-complete-c-headers))))
(custom-set-faces
 ;; custom-set-faces was added by Custom.
 ;; If you edit it by hand, you could mess it up, so be careful.
 ;; Your init file should contain only one such instance.
 ;; If there is more than one, they won't work right.
 )

これでmelpaにあるパッケージも入れられるようになる。はず。

yatexを入れる

emacs上からM-x package-list-packageで、yatexを探してインストールする。

成功したら、init.elにこれ↓を書き加える。こちら→ MacBookAir 環境構築メモのものをコピペさせていただきました。

;; ---------------------------------------------------------
;; YaTeX の設定
;; ---------------------------------------------------------
     
;; Add library path
(add-to-list 'load-path "~/.emacs.d/site-lisp/yatex1.78.4")
;; YaTeX mode
(setq auto-mode-alist
    (cons (cons "\\.tex$" 'yatex-mode) auto-mode-alist))
(autoload 'yatex-mode "yatex" "Yet Another LaTeX mode" t)
(setq tex-command "platex")
(setq dviprint-command-format "dvipdfmx %s")
;; use Preview.app
(setq dvi2-command "open -a Preview")
(defvar YaTeX-dvi2-command-ext-alist    
  '(("xdvi" . ".dvi")                   
      ("ghostview\\|gv" . ".ps")
      ("acroread\\|pdf\\|Preview\\|open" . ".pdf")))

これでとりあえず、yatexが動くようになる。

skimと連携させる

公式ページ→Skim | Homeからskimをダウンロードして、インストールする。普通にApplicationsディレクトリに放り込めば良い。

初回は「これって怪しいファイルやから開きたくないで!」と怒られるので、一回GUI上から普通に起動しておく。ついでに、skimの環境設定->同期するのところでファイルの変更をチェックをオンにして、同期サポートの初期値をemacsに変えておく。

済んだら、init.elにこれ↓を書き加える。

;; ---------------------------------------------------------
;; YaTeX の設定
;; ---------------------------------------------------------
     
;; Add library path
(add-to-list 'load-path "~/.emacs.d/site-lisp/yatex1.78.4")
;; YaTeX mode
(setq auto-mode-alist
    (cons (cons "\\.tex$" 'yatex-mode) auto-mode-alist))
(autoload 'yatex-mode "yatex" "Yet Another LaTeX mode" t)
(setq tex-command "platex")
(setq dviprint-command-format "dvipdfmx %s")
;; use Preview.app
(setq dvi2-command "open -a Preview")
(defvar YaTeX-dvi2-command-ext-alist    
  '(("xdvi" . ".dvi")                   
      ("ghostview\\|gv" . ".ps")
      ("acroread\\|pdf\\|Preview\\|open" . ".pdf")))

こちらLaTeX環境の構築 on Mac OS X, Oct. 2013からいただきました。

これで完成。

ついでに

趣旨とは関係ないけれど、emacsのauto-completeも入れたので書いておく。 package-installから探してインストールして、init.elに↓を書き加える。

;;
;; Auto Complete
;;
(require 'auto-complete-config)
(ac-config-default)
(add-to-list 'ac-modes 'text-mode)         ;; text-modeでも自動的に有効にする
(add-to-list 'ac-modes 'fundamental-mode)  ;; fundamental-mode
(add-to-list 'ac-modes 'org-mode)
(add-to-list 'ac-modes 'yatex-mode)
(ac-set-trigger-key "TAB")
(setq ac-use-menu-map t)       ;; 補完メニュー表示時にC-n/C-pで補完候補選択
(setq ac-use-fuzzy t)          ;; 曖昧マッチ

コピペ元はこちら auto-completeを使ってEmacsの補完を便利にする - 計算物理屋の研究備忘録

init.el

現在のemacs設定ファイルについてはここ↓に上げてあります。参考までに。 github.com