t44or2’s blog

PC関係の忘備録、ときどき趣味とか

Mac miniをセットアップする その2 ~ gnuplot,tex編 ~

前回↓の続き。

t44or2.hatenablog.com

とりあえずインストールしたいのは、

優先度順に。

やりたいこと

今回はgnuplotをinstallする。 aquatermとx11どちらも使えるようにしたい。

aquatermを入れる

ここ↓から落としてきてinstall.

AquaTerm (Mac OS X graphics terminal) download | SourceForge.net

x11を入れる

XQuartzをここ↓から落としてきてinstall.

XQuartz

gnuplotを入れる

brewに任せます。とりあえずinfoしてオプションを確認。

==> Options
--with-aquaterm
    Build with AquaTerm support
--with-cairo
    Build the Cairo based terminals
--with-pdflib-lite
    Build with pdflib-lite support
--with-qt5
    Build with qt5 support
--with-test
    Verify the build with make check
--with-tex
    Build with LaTeX support
--with-wxmac
    Build wxmac support. Need with-cairo to build wxt terminal
--with-x11
    Build with x11 support
--without-lua
    Build without the lua/TikZ terminal
--HEAD
    Install HEAD version

大量にある。必要なものを選べば良い。

ここで、先にtexを入れる必要があることに気づいたので、gnuplotを一旦保留してtexを入れることにした。

texを入れる

brewでこう↓

brew cask install mactex

そこそこ時間がかかります。

mactexが入ったら、アップデートを行う。

sudo tlmgr update --self --all

初めてやるとcommand not foundと言われた。 これ↓をするとpathが通ってうまくいく(参考: [TeX] El Capitanでtlmgrコマンドが使えないときの対処 - Qiita)

sudo /usr/local/texlive/2015/bin/x86_64-darwin/tlmgr path add

改めてtexのアップデート。

gnuplotを入れる

brew install gnuplot --with-qauaterm --with-cairo -with-pldlib-lite --with-qt5 --with-tex --with-wxmac --with-x11

全部盛り。

defaultの設定を'x11'にセットする

この辺はただの趣味。 ホームディレクトリに.gnuplotを作って、起動時に読み込む設定ファイルにする。↓を書き込む。

set terminal x11

ひとまずこれで最小限の作業はこなせるようになった。